Skip to content

Vol.319

Designing for Failure #

失敗のデザイン #

エラーをユーザーにどのように伝えるべきかについて、ゲームデザイナーがプレイヤーに対してどのようにアプローチしているかを参考にデザインする。この記事では、ユーザーがサインアップした後にメールアドレスを確認を必要とするアプリを例に上げ、それをどのように改善できるかを解説する。具体的なアイディアとしては、まず必要になるまでメールアドレスの確認を遅らせること、そして、承認が必要なタイミングでは、次のアクションに誘導する形でのエラーメッセージをデザインすることで改善できるということを紹介する。

Don’t Solve Problems, Eliminate Them #

問題を解決するのではなく、取り除く #

Kent氏は人間は問題と対峙したとき、問題を解決しようとしがちだが、より良い方法は問題を取り除くアプローチであることを紹介する。この記事では問題に対してどのように向き合っていくのかについてエピソードを交えながら解説していき、問題解決よりも問題排除が有効な場合が多くあることを取り上げていく。本当に問題がある場合は、最初に可能であればそれを排除し、不可能と判断した場合にのみ解決するという方法をおすすめしている。

A Love Letter to HTML & CSS #

HTMLとCSSへのラブレター #

この記事ではHTMLとCSSに対してそれがどれほど素晴らしいものか、そしてこれからもそれが重要であることに変わりが無いということを手紙の形式でまとめている。

Progress Delayed Is Progress Denied #

AppleとWebに関わる3つの事実とそれがどのような問題を起こしているかデータを元に解説する。

  • App StoreからWebアプリを禁止していること
  • iOS上のブラウザはすべてwebkitを強制されていること
  • iOS上のSafariは開発者をサポートするのに十分なプラットフォームであると主張していること

Shaping design work (with STAR) #

デザインの仕事をするときに役立つフォーマットSTARを紹介する。STARは、

  • Status
  • Task
  • Activity/Action
  • Result

の頭文字をとって名付けられた手法。この記事ではこのSTARがどのようなものか、どのように活用できるのかを紹介する。

In Brief #