Frontend Weekly Vol.52

Headlines

Looking back on 2015: six exciting web technologies

Dr. Axel の視点から2015年の Web 技術を振り返りながら、それらの注目ポイントを紹介した記事。ブラウザ Web の進化だけでなくネイティブやデスクトップアプリに用いる Web 技術についても新しい変化がみられた年だった。Progressive Web Apps に対する懐疑的な言及も興味深い。

Progressive Web Apps by Google Developers

Progressive Web Appsという新たに提案されたアプローチについて、提案元であるGoogleによるチュートリアル。現時点ではまだコンテンツは多くはないが、これから追記されていくので要チェック。

Critical Web Fonts by zachleat.com

Webフォントを扱う場合にはいくつかの手法があるが、Flash of Faux Text(FOFT)形式をさらに発展させてさらにローティングを速くする手法の紹介。ローマ字とそれ以外の2段階に分けてロードすることによりロード時間の短縮をしている。sessionStorageなども使いロードしたフォントの保存をしたりもしている。また他にもフォントのローディングを速くするためのアイディアもあるので、Webフォントを使っていてローティングが遅いことに不満がある方は参考にしてほしい。

Angular 2 versus React: There Will Be Blood by Free Code Camp

Angular 2 と React それぞれのアドバンテージを紹介した記事。前者がフレームワークであり後者は View ライブラリである以上、一概に比較できるものではないが、比較的公平な観点で紹介されている。React がなぜ支持を得たているのかを振り返ることにも繋がる内容。

Bad vs. Different by NCZOnline Newsletter

個人が仕事を経験を積むうちに、作り上げていくベストプラクティスはつねに『正しい』わけではない。その『正しさ』を押しつけるのではなく、『違う』意見として取り込む意識が大切。

Javascript Fatigue by Eric Clemmons

Reactを利用する。と意志決定した途端に非常に多くのツールを同時に利用しはじめることになる。これはReactだけの問題ではなくフロントエンド共通で言える問題。記事ではReactのエコシステムとこの問題への解決策について解説している。

Managing the private data of ES6 classes

ES6のクラスでプライベートなデータを作るための手法を4つ紹介。おなじみDr.Axelの記事。それぞれの手法のメリット・デメリットが分かりやすく書いている。現状のJavaScriptではこういった外部からアクセスできないプライベートデータを作る仕組みは用意されていないので、目的に応じて使い分ける必要があるので、こういったTipsはありがたい。コメント欄も面白い。

Slides/Videos

ReactJS Awesomeness by Swaroop SM

React.jsについての紹介スライド。React.jsの特徴や考え方、覚えるべき用語についてなどが簡潔にまとまっているスライド。これからReact.jsを触るというような人でも概要が掴みやすい。

Announcement

フロントエンドエンジニアのための現在とこれからの必須知識

フロントエンドを1、2年以上担当した人を対象に、「今知っておかないといけない情報」と、「今後役に立つ情報」をピックアップ。 発売は2016/1/28。
Frontend Weeklyのキュレータの1人である谷と編集長の斉藤も著者の1人。

Slack for Frontend Weekly (PR)

Frontend Weeklyの『実験的』Slackコミュニティに興味がある方は、こちらから招待をリクエストしてください。 週次で50人くらいずつ招待をして行くつもりです。

In Brief